ホーム >> メンバー >> 特任准教授 西川恵三

特任准教授 西川恵三

学歴

平成10年3月 東京工業大学 理学部化学科 卒業 (研究指導者:海津洋行教授)

平成13年3月 筑波大学大学院 医科学研究科医科学専攻 修了 (研究指導者:山本雅之教授)

平成17年3月 筑波大学大学院 人間総合科学研究科分子情報・生体統御医学専攻 修了(研究指導者:山本雅之教授)

平成17年3月  博士(医学)取得

 

職歴

平成14年~17年 日本学術振興会特別研究員(山本雅之教授)

平成17年~19年 東京医科歯科大学大学院 医歯学総合研究科分子情報伝達学(高柳広教授) 井上フェロー

平成19年~22年 東京医科歯科大学大学院 医歯学総合研究科分子情報伝達学(高柳広教授) 特任助教

平成22年~23年 独立行政法人医薬基盤研究所 創薬基盤研究部 研究員

平成23年~25年 大阪大学 免疫学フロンティア研究センター細胞動態学(石井優教授) 特任助教

平成25年~27年 大阪大学 免疫学フロンティア研究センター免疫細胞生物学(石井優教授) 特任助教

平成27年~現在 大阪大学 免疫学フロンティア研究センター免疫細胞生物学(石井優教授) 特任准教授

 

主な研究業績

1.    Iwamoto Y, Nishikawa K, et al., Mol. Cell. Biol. 2016.

2.    Nishikawa K, et al. Nature Med. 21, 281-7, 2015.

3.    Nishikawa K, et al. J.Bone.Miner.Metab. 32, 331-6, 2014.

4.    Nishikawa K, et al. J.Clin.Invest. 120, 3455-65, 2010.

5.    Nishikawa K, et al. Proc.Natl.Acad.Sci.USA 107, 3117-22, 2010.

 

所属学会

日本生化学会、日本薬理学会、日本分子生物学会、日本骨代謝学会

 

研究内容

ここ数年、細胞内代謝の捉え方は大きく変わりつつあります。

代謝は、細胞の維持管理(ハウスキーピング)に重要であることがもともと知られていましたが、

最近、様々なシグナル伝達や転写調節機構と密接にかかわることで細胞の運命や動態の調節に深くかかわることが明らかとなってきました。

私は、細胞分化過程において、代謝状態が大きく変化する破骨細胞をモデルにすることで、

代謝経路がもつ新たな生物学的意義の解明に取り組んでいます。