ホーム >> 活動状況

活動状況

生体2光子イメージング講習会のお知らせ

本年度も以下の要領で2光子顕微鏡を用いた生体イメージング講習会を開催します。

例年多数の研究者が参加され、生体イメージング技術を取得されております。

詳細はトップページの「平成30年度生体2光子イメージング技術講習会」のバナーを

クリックしてください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

日時:平成30年8月2日(木)10:00~17:00

               8月3日(金) 9:00~12:30

場所:大阪大学大学院医学系研究科 免疫細胞生物学教室内

申込締切:平成30年6月21日(木)

 **実習に参加できる人数は限られておりますので、調整をさせていただきます。

Single-Cell2018セミナー大阪

5月31日にSingle-Cell 2018セミナー大阪で講演してきました。

single cell RNA-seqのユーザーの立場から研究紹介をしました。

当日は、定員を上回る120名もの参加者がこられました。

遺伝子発現や蛋白発現をsingle cellレベルでとらえることの重要性を改めて感じました。

また、single cell RNA-seqに興味のある多くの研究者同士が交流できる会となり、

とても有意義な時間を過ごすことができました。(文責 数藤)

第7回武田科学振興財団医学部博士課程奨学助成認定式

5月24日に行われた、第七回武田科学振興財団医学部博士課程奨学助成認定式に参加して参りました。

この助成は全国7大学の基礎医学系博士課程大学院生に対して支給されるものです。

この度は、入学してから2年間の成果発表を行う機会を頂きました。

大学の代表として参加するため、多くのラボメンバーに助言をもらいながら発表を作成し、

当日は自身の研究の魅力を十分伝えることができたのではないかと思います。

会では、医学部生時代より共に基礎医学を志し、卒業後、様々な大学に散って行った

同級生も発表しており、変わらず切磋琢磨し合えることをとても心強く感じました。

その後の懇親会では多様な分野の学生、先生方と意見交換をすることができ、

自分の分野では決して思いつかないような意見を聞き、知見を深めることができました。

奨学助成は引き続き2年間頂くことになりますが、助成を受けるにふさわしい

立派な研究成果を残せるよう精進したいと思います。(文責 粟生)

CREST石井チーム合同ミーティング


5月1日にCREST石井チーム(石井グループ、京都大学山田グループ、大阪大学松田グループ)

のメンバーで合同ミーティングを行いました。連休の谷間ではありましたが、

CREST石井チームのフルメンバーにご参加いただき、現状の報告と今年

度チームとして取り組む内容に関して議論を行いました。

今年度のチームとしての方針が定まりましたので、目標の達成に向けて、

実験や解析に取り組んでいきたいと思います。(内田)

歓迎会

4月18日に、この春入学した大学院生の歓迎会を開催されました。

今年は修士課程3名、博士課程3名の新メンバーを迎えました。

石井教授自ら(!)焼いたたこ焼きをみんなでおいしくいただきました。

新メンバーのこれからの活躍が楽しみです。

書籍出版

石井教授が編集した英語書籍が出版されました。

様々な臓器の生体イメージング手技のプロトコールがまとめられています。

以下のリンクからダウンロードができますので、

生体イメージングに興味がある方は是非ご覧になってください。

https://link.springer.com/book/10.1007/978-1-4939-7762-8

「Intravital Imaging of Dynamic Bone and Immune Systems」

青井さん生命機能研究科博士課程総代

生命機能研究科大学院博士課程を卒業した青井さんの研究発表が、最優秀発表と認定され、

学位記授与式では総代として出席しました。

古家さんの山村賞受賞に続き、大変栄誉あることです。

青井さん、おめでとうございます!

古家さん山村賞受賞

医学系研究科大学院博士課程を卒業した古家さんが、山村賞を受賞しました。

山村賞は、第11代大阪大学総長として大阪大学及び大阪大学医学部の発展に大きな足跡を残された

故山村雄一名誉教授を記念して、本学を代表しうる、特に優れた学生に対して授与される栄誉ある賞です。

古家さん、おめでとうございます!

2017年度はこちら 

2016年度はこちら

2015年度はこちら

2014年度はこちら

2013年度はこちら